家電も出張買取サービスがおすすめ!買取業者の種類と選び方

家電も出張買取サービスがおすすめ!買取業者の種類と選び方

18view

2018.07.26

不要な家電はリユースへ!買取業者の種類と選び方

家電はリユースがおすすめ!再使用のための方法

年末の大掃除や引っ越し、模様替えなど、お住まいから不用品が出てくることがあります。その中に、家具や家電があると、使用できないものであれば処分したり、使えるものはリユースしたりすることがおすすめです。リユース(再使用)とは、全国でも進められている「3R運動(リデュース・リユース・リサイクル)」で、資源や環境を考えた取り組みです。

使用できないものでない限り、再使用することが好ましい家電には、買取サービスを使ってみましょう。買取サービスとは、まだ使える製品を価格を決めて買い取ってくれる業者が、製品の状態に合わせて購入してくれるもの。処分するよりもお得なサービスといえます。しかし、家電の種類によっては、引き取りの際の買取費用ではなく、処分費が必要になる製品もあるので注意が必要です。

出張買取で家電を!買取業者の種類と選び方

買取サービスには、持ち込んで製品の査定をしてもらう方法と、出張買取のように自宅に来てもらい査定して引き取ってもらう方法があります。家電は大きさや年式も異なるので、買取ってもらいたい家電がある場合に、どの方法を選んだらよいか悩むこともあるでしょう。

各業者によって、家電であれば何でもOKというわけではなく、特定の製品のみを買取り査定する業者、持ち込んだものや引き取ってもらった製品分買い取ってくれる業者など、幅広くさまざまな種類があるからです。

不用品の買取が可能な業者とは
  • 買取専門店
  • リサイクルショップ
  • 不用品回収業者
  • 引越し業者

不要な家電はリユースへ!お得な出張買取とは

家電の買取業者の種類とメリット・デメリット

家電の中でも、製造年度や使用状況によって、買取サービスの適応外であったり、買取価格が変わったりすることがあります。できるだけ高く引き取ってくれる業者選びには、すべての家電が対象か一部の家電のみか、各業者が引き取りに来てくれるのか、買取の査定価格は高めか、などをチェックしたうえで決めることが必要です。

買取専門店

ジャンルが限られますが、高価格での買取が可能な家電も多いことがメリット。出張買取サービスを取り入れている業者も多くあります。ただし、使用可能な製品であっても古いものや、修理を必要とするようなものであれば買取をしてもらえないこともあるので、注意が必要です。

不用品回収業者

不用品であれば、家電だけでなくさまざまな製品をまとめて引き取ってくれます。引越しの際など、短い時間で片付けたいときにおすすめの方法です。とはいえ、使用できないものがあれば、処分するだけになるので、処分費用が加算されることもあるのはデメリットになります。

リサイクル業者

家電・家具・雑貨・衣類など、大きなものから小物まで、なんでも売却できます。しかし、買取価格の相場が低めです。

引越し業者

引越しのときに不要なものを買取・処分を進めてくれます。引越しと同時に引き取りを依頼すると、引っ越し費用の割引サービスなどが設定されている業者も。家電や家具に限定されることもありますが、利用価値の高いサービスです。

おすすめは「買取専門店」の出張サービス

家電の中でも特定の製品だけを買取りするというサービスを展開している「買取専門店」が、出張による買取サービスを持っているならお得で便利です。特定の製品の中でも家電専門の買取専門店や、家電の中でも○○と○○はOKなど、限定している買取サービスも活用することができます。

多少の修理を必要とする製品や、年式が少し古くても、的確な査定をしているということが多いでしょう。商品が限定されている分、特定の種類のみ買取が可能な専門店は、高価格での引き取りが可能なようです。買取してもらう製品数が多ければ、買取価格が上がることもあります。特定の種類として扱われない家電であっても、幅広い種類を扱う店舗や専門店があるので、確認してみましょう。

家電といっても、電気シェーバーのようなものから、キッチン用の炊飯器、ジューサー、オーディオ、洗濯機や冷蔵庫、エアコンまで種類もさまざまです。冷蔵庫の場合には、処分であれば費用が発生してしまうので注意が必要となります。しかし、買取りが可能な製品と判断されれば、処分費もかからず売却が可能になるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る